事故経緯

事故原因は鉄板が落下

  • 6月19日 午後0時40分ごろ
  • 大阪府箕面市の新名神の工事現場で
  • 40代の男性作業員が鉄板の下敷きになり、病院に搬送されたが死亡

場所

  • 東畦野トンネル上り線の東側出口付近

1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授
成功者続出!!初心者から月300万円稼ぐ
株式投資錬金術


事故詳細

  • 道路の舗装工事で重機や車両を走らせるために鉄板を敷き詰める作業で、土の地面が平らになるよう作業していた。
  • この際、重さ800キロの鉄板をクレーンでつり下げたしたで作業をしていたが、鉄板がフックから外れて落下、作業員は上半身を挟まれて死亡した。

後の調査で外れる危険の高い小さなフックを使って鉄板をクレーンでつり上げていた事が判明

本来、つり上げた物の下での作業は法令で禁止されている

その他

  • 工事はNEXCO西日本が建設会社など2社に発注
  • 作業員は下請け会社の社員

事故後の対応

  • 高槻JCTー神戸JCT間舗装工事のクレーン作業が停止

工事中事故概要(NEXCO西日本)

舗装工事 6月28日に再開

  • 鉄板落下の事故の影響で中止していた新名神の舗装工事を6月28日から再開する事が、NEXCO西日本から発表されました。

再発防止策

あわせて、NEXCO西日本から再発防止策が発表されました。

  • 石塚社長を本部長とする安全対策本部を設置
  • 「非常事態」を宣言
  • 工事現場の安全管理専任担当者を1人から4人に増やす

ニュースリリース

この区間の黒歴史