開通後の交通量は想定の4倍

  • 1日1500台と見込んでいた交通量が6700台と実に4倍
  • 周辺道路も交通量が上がっており効果が大きい様子

17-04-30 開通

  • 2017年3月と発表されていましたが、2017年4月30日開通予定と変更されました。

新名神高速道路(城陽JCT・IC~八幡京田辺JCT・IC間)が平成29年4月30日(日曜)に開通します

この区間の特長

  • 距離は3.5キロと短いが京奈和自動車道と第二京阪道路が結ばれる効果が大きい区間
  • これで京都府の南北140㎞が高速道路でつながる(京奈和自動車道 木津ICー山陰近畿自動車道 京丹後大宮IC)
  • 周辺では物流企業の進出や大規模な土地利用の計画も動きだしている

開通までの経緯

  • 平成23年11月に着工
  • 平成28年度開通予定だった

新名神高速道路(城陽JCT・IC〜八幡JCT・IC間)の着工式を執り行いました。(平成23年12月4日)

  • 平成28年4月に神戸市内で橋桁が落下、5月に箕面市で橋脚が崩れる事故が発生

  • この事故の影響でこの区間も工事が2ヵ月間中断していた

  • そのため、平成28年度の非常に厳しくなった

  • しかし、NEXCO西日本は工期短縮を図り平成28年度末に開通できるよう努力すると発表

  • 結局、平成29年4月30日開通予定と発表された。