2017年11月12日(日) 開通

  • この区間の開通により、出水阿久根道路は全線が開通しました。
  • 開通当時は高速上を歩くウォーキング大会が行われ、1,500人を越える人が参加しました。

鹿児島国道事務所

  • 2017年10月27日 開通予定日発表(国土交通省 九州地方整備局 鹿児島国道事務所)

この区間の特長

  • 約3.9kmの暫定2車線、無料の自動車専用道路
  • 出水ICー阿久根IC間の全線開通により、出水市と阿久根市の移動時間が約15分短縮すると試算されています。(国交省)

出水阿久根道路

  • 出水阿久根道路は、阿久根IC側から北上する形で延伸し、2017年3月11日までに高尾野北IC-阿久根IC間が開通し、この区間を残すのみとなっていました。

この区間の歴史

1993年2月5日  出水IC – 阿久根北IC間が出水阿久根道路として事業化
2005年12月9日  都市計画
2008年3月15日  着工
2017年11月12日  開通

南九州西回り自動車道とはどんな道路?

  • 熊本県八代市から水俣市、出水市、阿久根市、薩摩川内市等を通り鹿児島市に至る延長約140 kmの高速道路。全線開通すれば九州自動車道などの代替ルートとして役割が期待されているが全線開通の目処は立っていない。
  • 開通後は鹿児島市ー八代間を従来ルートよりも約170分短い80分で結ぶことになる。

未開通区間

  • 九州西回り自動車道はおよそ140キロのうち、98キロが開通。残る未開通区間は阿久根と薩摩川内水引との間の22.4キロ、出水と津奈木の間の21.9キロの2つの区間となりました。

阿久根IC – 薩摩川内水引IC

パンフレット

津奈木ICー水俣IC

  • 2018年度開通予定

水俣ICー出水IC

  • 未定

南九州西回り自動車道中央要望 要望書 – 熊本県

最近開通した区間

2015年度

  • 2月27日(木) 芦北ICー津奈木IC

2016年度

2017年度