2018年度着工決定

・有料道路事業が導入され、2018年度にも本格着工される見通しとなった

・兵庫県と神戸市、明石市で協議が開始される。

・2017年度中に結論を出して、2018年度の着工を目指す。

20年の悲願

・垂水JCT-永井谷JCT間は1998年に開通。

・しかし永井谷JCTより西は20年近い間、事業中ではあるが、ほとんど未着工のまま。

・用地取得に難航している。(7割)

開通に150年かかる!?

・永井谷JCTより西は国が工事を続けている。

・総事業費約600億円のうち約450億円分の工事が残っている。

・しかし、年3億円の予算しかない。

チャンス到来

・国土交通省の副大臣と政務官が神戸市出身の国会議員

・阪神高速湾岸線の西伸部が垂水JCTに直結する事が28年度に事業化。

 

関連リンク

 ➡ 近畿地方整備局