どんな道路?

  • 阪神高速6号大和川線は、大和川の南岸を東西に走る路線
  • 「大阪都市再生環状道路」のひとつに位置付けられている
  • 常磐東出入口付近のトンネル工事が地下水の影響で難航
  • 全線開通は3年遅れの平成31年度
  • 両端の区間が先行して開通

 

開通状況

 

鉄砲出入口ー三宅西出入口

・19年度開通予定

・常磐東開削トンネル工事が難航

 

開通した区間

13-03-21 三宅西出入口ー三宅JCT

  • 阪神高速14号松原線と、松原JCT経由で西名阪自動車道・阪和自動車道と接続

17-01-28 三宝出入口・JCT-鉄砲出入口

  • 阪神高速4号湾岸線と接続されました。

全線ほぼトンネル

・ほとんどが地下トンネル

・景観や周辺環境への影響を考えて

・大和川線のトンネルは、「シールド工法」「開さく工法」の2種類の工法でつくられています。

常磐東開削トンネル工事

・この工事では以前も設計の不備で約41億円の追加負担が生じている。

・当初約75億円の予定だった総工費が最終的に約166億円に膨らむ見通しとなった。

関連リンク