常磐道の新ICの名称は「大熊IC」に決定

  • 常磐道に新設されるICの名称は「大熊IC」とすることが発表されました。
  • このICは東京電力福島第一原発事故からの復興事業の加速化を目指して昨年5月に着工し、19年3月の利用開始を目指して工事が進められています。
  • よほど県境などでない限り、あまり変な名前にはならないとはならないと思っていましたが、無難に町名が付けらてわかりやすくていいと思います。

常盤自動車道

  • 2015年3月1日に全線開通していますが、復興事業等の影響で交通量が増え、渋滞や安全対策等が課題となっています。このため、大熊町、双葉町にそれぞれICの設置と、いわき中央-広野IC間の4車線化が進められています。

プレスリリース