平成29年3月18日開通

  • 首都高速道路が2月1日発表
  • 首都高横羽線生麦JCTと第3京浜道路横浜港北JCT間を東西につなぐ8.2キロの道路。
  • 開通区間の約7割はトンネル
  • 開通と同時に、横浜港北JCT近くに新横浜出入口と生麦JCT近くに岸谷生麦出入口が開通。
  • 途中の馬場出入口は2019年度の開通を目指し、引き続き工事が進められている。
  • 港北ICから一般道へのアクセスはできず、横浜港北JCTを経由して第三京浜道路への分岐のみが可能
  • 直接、港北ICを利用できるのは、平成31年度を目指して工事が進められる


開通効果は

  • 横羽線、大黒線と第三京浜のあいだに短絡ルートが誕生
  • 横浜市北部と田空港や横浜港など臨海部へのアクセスが向上
  • 新横浜駅周辺から羽田空港までの所要時間は約30分となり、10分程度短縮される見込み。 

安全トンネル

  • 当路線の大部分は全長5,900mの「横浜北トンネル」となります。
  • 市街地の地下を走っているので、最新の安全設備が数多く採用されています。

開通イベント

  • 平成28年3月18日横浜北トンネル内に設けられた会場で開通記念式典を開催
  • 国会議員、関係地方議会議員、周辺自治体、警察・消防、地元企業、工事関係者、地元小学生など約400名が出席
  • 首都高速道路 宮田年耕社長

「陸海空の連携が深まり、国際競争力の強化につながることを期待する」

  • 菅義偉官房長官

「横浜市は渋滞なく日本全国と直結する都市になる」

  • 黒岩祐治神奈川県知事

「横浜北線の開通により1つのハンデを克服したのは我々にとって大きな追い風。その風を活かしていきたい」

  • 林文子横浜市長

「田園都市と港湾都市をつなぐ第一歩。横浜経済の発展にとって大きな後押しとなる」

横浜環状北西線も順調

  • 横浜港北JCTから東名高速の青葉ICまでつなぐ横浜環状北西線も工事が進められている
  • 政府与党などは「2020東京までに間に合わせたい」と発表

関連サイト

別添資料

横浜の格安宿を探す