平成29年3月18日開通

・首都高速道路が2月1日発表した。

・横浜北線は、首都高横羽線生麦JCTと第3京浜道路横浜港北JCT間を東西につなぐ8.2キロの道路。

・開通区間の約7割はトンネル

・開通と同時に、横浜港北JCT近くに新横浜出入口と生麦JCT近くに岸谷生麦出入口が開通。

・途中の馬場出入口は2019年度の開通を目指し、引き続き工事が進められている。



開通効果は

・横羽線、大黒線と第三京浜のあいだに短絡ルートが誕生

・横浜市北部と田空港や横浜港など臨海部へのアクセスが向上

・新横浜駅周辺から羽田空港までの所要時間は約30分となり、10分程度短縮される見込み。 

安全トンネル

・当路線の大部分は全長5,900mの「横浜北トンネル」となります。

・市街地の地下を走っているので、最新の安全設備が数多く採用されています。

横浜環状北西線も順調

・横浜港北JCTから東名高速の青葉ICまでつなぐ横浜環状北西線も工事が進められています。

・政府与党などは「2020東京までに間に合わせたい」と発表しています。

関連サイト

別添資料

横浜の格安宿を探す

 

車を売るなら複数業者に競争させろ!

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com